フレッシュハウスで家もフレッシュに【楽しいリフォームを】

東日本ナンバーワン

フレッシュハウスの今後は

現在、数多くのリフォーム業者が存在するようだ。そのことから、リフォームは建て替えることに変わって、主流になりつつある新しい家の形ではないだろうか。そんな業界を、リードしているところが「フレッシュハウス」というところである。フレッシュハウスは、活動範囲を関東一円を中心に対応しており、東日本でナンバーワンの実績を誇っており、その他数々の受賞経験もあるようだ。そんなフレッシュハウスが、今後どうなっていくのか予測してみることにしよう。現在、古い家は多くの耐震問題を抱えている、したがって耐震面での新たな提案力が試されるのではないだろうか。それに、フレッシュハウスは革新的な答えを出してくれるに違いないのではないだろうか。

注意する事は

フレッシュハウスでは、多くの約束事を設け、それに注意しながら接客、業務、施工などに取り組んでいるようだ。それを少しみてみることにしよう。まずは、契約前の5つの約束事である。まずは、保証を設けていること(箇所によって10年保証が付くようだ)、打ち合わせの徹底化、しつこい営業をしない、お年寄りへのいたわり(片付け、セッティングに無料対応)、指定時間を守るといったことである。次に、施工中の注意事である。喫煙などのマナーの徹底、土足厳禁、安全化確保、自社ですべて行う、手抜き工事への抜き打ち検査など、その項目は11にも及ぶのである。あと、利用者側からの注意点は、西日本では福岡県だけにしか事業所がないことである。