フレッシュハウスで家もフレッシュに【楽しいリフォームを】

今後について

フレッシュハウスの歴史

フレッシュハウスとは家のリフォームを請け負っている会社です。キッチンや浴室、トイレや洗面所、内装や外壁、屋根やエクステリアといった部分的なリフォームはもちろんのこと、家全体のフルリフォームを行ってもらうことも可能です。フレッシュハウスは1995年に設立されました。当初は三帖の部屋からスタートし、1997年には株式会社になりました。フレッシュハウスは設立以来売り上げを着実に増やしていき、2003年にショールームをオープンしました。その後ショールームやスタジオを様々な場所に増やし、2014年3月には年間売上高が64億円を超える大きな会社に成長しました。今後ますます大きく成長していくことが予想されます。

リフォームの今後の動向

ここしばらくの間経済が低迷していたせいか、新築の家やマンションを購入するのではなく、中古物件を上手に購入して自分のテイストに合わせて物件をリフォームする人が多くなりました。今後経済が回復する傾向にあると言われてはいるものの、以前に比べると貧富の差が大きくなる傾向があります。このような状況を考えると、中古物件を安く購入して行うリフォームは今後も引き続き多くの人々が行うはずです。フレッシュハウスは、東日本で工事完了件数が第一位という実績を誇ります。事前にしっかりとヒアリングが行われ、顧客の希望をまとめて計画が立ててもらえます。またしっかりとした技術でその計画が実現してもらえます。今後も多くの人々がフレッシュハウスを利用するはずです。